斎藤佑樹がカイエン青山からマカン鎌ヶ谷に降格!?

2016年現在は、割りと調子が良さげだが戦力外の通告も!?

マカン鎌ヶ谷(2軍練習場)に通勤する画像は??

金品の受け取りは処罰の可能性も??

スポンサードリンク

斎藤佑樹がマカン鎌ヶ谷に?カイエン青山はお預け?

斎藤佑樹 マカン 鎌ヶ谷

斎藤佑樹さんがポルシェのマカンを、とある社長さんから貰ったという噂が話題ですよね。

本人・斎藤佑樹さんが口を開いたワケではないので、真実の確認はできませんが、文春さんの言う通りなのかもしれません。

文春さん曰く、マカンを斎藤佑樹さんにプレゼントしたと社長が答えたとのこと。

※月に12万円のリース代金を斎藤佑樹さんが支払っているという噂もあるが・・・

 

これが本当であれば、斎藤佑樹さんがマカンを貰ったのは事実でしょうが、どこか煮え切らない部分が多いですよね。

上の画像のように、マカンで鎌ヶ谷まで通勤している割には、どこか浮かばれない表情をしている斎藤佑樹さん。

 

普通であれば、自分でお金を稼いで、自分のお金で車を買うもの。

 

しかも、マカンと言えども800万円は下らないシロモノ。

もともと、斎藤佑樹さんが昔から欲しかったのはカイエンというマカンよりも上級グレードのポルシェ。

加えて、青山に土地を買うことも夢見ていた斎藤佑樹さん。

その経緯もあってか、いつしかカイエン青山というニックネームが付きましたよね。

もし仮に、斎藤佑樹さんが田中将大さんみたいにメジャーで活躍するくらいになっていれば、カイエン青山の異名を欲しいままにしていたはず。

現在よりかなり以前に、余裕ですべての夢が叶っていたことでしょうね。

 

で、今回はマカンを受け取り、そのマカンで日ハムの2軍練習場である鎌ヶ谷へと通勤する現在の斎藤佑樹さん。

 

カイエン青山を改めマカン鎌ヶ谷を襲名したワケですが、今回の場合は、異名だけでなく実際のモノも手に入った斎藤佑樹さん。

『カイエンよりグレードが落ちた800万のマカン』+『青山から2軍練習場の鎌ヶ谷』=『マカン鎌ヶ谷』という運びですが、プロ野球選手には似合わないお粗末なニックネームに現在は降格。

 

普通の車で練習場に通って練習に勤しむ姿の方がカッコいいでしょうし、何だか身の丈に合わない車に乗るのは悲しいところ。

スポンサードリンク

2016年現在の斎藤佑樹は戦力外の通告も??

さて、斎藤佑樹さんと言えば、毎年のように叫ばれている戦力外通告の話。

さすがに、ドラフト1位で鳴り物入りで入ったとは言え、すべてのプロ野球選手が花開くワケではないです。

それだけ厳しい世界ですよね。

 

で、最近の斎藤佑樹さんの登板と言えば、今回のマカンの件を文春さんにスッパ抜かれた直後。

斎藤佑樹 引退

5回を無失点に抑え、かなり素晴らしい結果を残した斎藤佑樹さんですが、白星は付かなかった模様。

現在の斎藤佑樹さんは、カイエンがお預けとなり、勝利投手もお預け。

そして、とある社長に買ってもらったという噂の800万のマカンはゲット。

※本当にリース代金12万円/月を払っている??

 

マカンを捨ててでも投手として勝ち星を奪取したいくらいの気概を見せて欲しかったところ。

斎藤佑樹 戦力外

「辞めた方が楽だと思う」という、発言も既にしていますし、野球に対する熱い気持ちは相当薄れてきているはず。

甲子園を湧かせていた斎藤佑樹さんをイメージすると、どうして今のような状態に陥ってしまったのかが理解しかねます。

やはり、高校卒業後に出会った指導者たちがダメだった可能性も??

 

いずれにしろ、実力で勝ち取ったワケではないマカンを受け取ったのは、プロ野球選手として恥ずかしいことだったのでは??

斎藤佑樹のマカンの問題は処罰の可能性も??

マカンの受け取り問題の後の登板では、良いピッチングを見せた斎藤佑樹さん。

これから本腰を入れて1軍で活躍していこうかという現在ですが、どうやら野球以外の面で集中できないトラブルが発生していますよね。

 

それは、マカンを社長から受け取ったかもしれないということ。

 

やはり、金品の受け取りというのは、プロ野球界でも問題になります。

しかも、斎藤佑樹さんがその社長さんにおねだりをしたという噂も浮上しています。

自分の力で勝ち取って欲しかったマカンではありますが、そこまで落ちぶれてしまったのか。

 

そのマカンで2軍の練習場に通えば、チームメイトとの仲も険悪になるでしょうし、もっと野球に専念することが難しくなるはず。

2軍の仲間から見放されれば、1軍に上がるのも非常に大変かと思います。

 

自分で自分を苦しくしているような感じの斎藤佑樹さん。

 

今回のマカンで、金品の受け取りによる処罰の可能性が急上昇していますし、どれだけ調子が良くても1軍に上がるのは難しいでしょう。

そして、日ハムも今回のマカンの問題を理由に、現在でも戦力外通告を出しやすい状況にもなりました。

 

斎藤佑樹がマカン鎌ヶ谷の異名でいられるのも短いかも。

野球人生のラストイニングに突入した感のある、斎藤佑樹さん。

 

マカンの受け取り問題が大きくならないことを願っています。