レクサスRX新型パッケージは、“RX450h“RX200t があります。

燃費の性能ではRX450hの方が優秀ですが、それはハイブリッドだから当然。

 

とは言え、ダウンサイジングターボのRX200tはドライブの楽しさはさることながら、

 

ある条件下では燃費向上も!?

 

450hと200tの比較についてです!!

スポンサードリンク

ハイブリッドと200tを比較!レクサスRXの新型の燃費!

レクサスRX レクサス RX 新型 燃費 燃費向上 ハイブリッド 200t 比較

さて、まずはじめに、新型レクサスRXに用意されている2種類の駆動方式の燃費についてですが、

 

新型レクサスRXの燃費比較表

レクサスRXのグレード 2WD 4WD(AWD)
450hのベース 18.8 km/L 18.8 km/L
450hのバージョンL 18.8 km/L 18.2 km/L
450hのFスポーツ 18.8 km/L 18.2 km/L
200tのベース 11.8 km/L 11.4 km/L
200tのバージョンL 11.8 km/L 11.2 km/L
200tのFスポーツ 11.8 km/L 11.4 km/L

ただし、上の燃費の表のハイブリッドでは、

  • 2WDで車両重量が2.11t超となると、18.4km/Lの燃費へ下方修正
  • 4WDのベースグレードで車両重量が2.11t超となると、18.2km/Lの燃費

となる。

また、200tでは4WDでベースグレードとFスポーツは車両重量が2t超で11.2km/Lへと燃費が落ちる。

 

当然ですが、上の表のようにカタログ燃費ではハイブリッド車であるレクサスRX450hの方が優秀。

 

ハイブリッド車は燃費の性能とその静粛性がウリだけに、上のようなスペック差が生じてしまうのは仕方がないですよね。

そして、高級車ブランドであるレクサスRXだけに、静かな走りと乗り心地を考えるとスマートな足回りのハイブリッドがマッチしています。

恐らく、レクサスの開発陣も、高級車としてはハイブリッドの駆動方式の方がピッタリだと考えているはず。

 

一方で、レクサスRXには嬉しいことにダウンサイジングターボのRX200tのモデルがあるという。

上の燃費の比較表から分かる通り、燃費性能ではどうしてもハイブリッドの450hには歯が立たない。

ただし、その分、新車価格や中古価格ではレクサスRX200tの方がリーズナブルな価格設定。

 

レクサスに乗りたいけどなかなか庶民では手が出せないですが、レクサスRX200tの中古はハイブリッドタイプよりもまだマシ。

まぁ、レクサスで中古車を選ぶ!?wwwなんて心無い一言を言われることはあるかもしれません。

しかしながら、当ブログは富裕層でない一般庶民がレクサスRXの中古車に乗ることを応援しています♪

スポンサードリンク

レクサスRX200tで燃費向上?450hのハイブリッドでは?

さて、上で見てきたように、レクサスRXはハイブリッドの450hの方が200tよりも “約7 km/L” 燃費が優秀。

 

そして、上でも書いたように、燃費面や運転の楽しさで比較すると、

  • 高級車ブランドであるレクサスを感じたいのであるならハイブリッドがおすすめ
  • 運転の楽しさを追求するドライバーにはレクサスRX200tがおすすめ

と言えます。

 

ここで、レクサスユーザーとなれば、比較的に裕福さがあるかと思いますし、

燃費面を気にする人はあまりいないかもしれません。

しかし、ハイブリッドモデルであるRX450hの方がRX200tよりも優秀かというと、

状況によってはRX200tの方が燃費が向上するケースがあります。

 

先にも述べたとおり、RX200tはダウンサイジングターボのエンジンであり、

欧州などの高速道路を長時間走るドライバーに好まれているタイプのグレードです。

実は、長距離をずっと走るのであれば、ハイブリッドよりもRX200tのダウンサイジングターボの方が実燃費上で有利となることが多いです。

よく言われるように、ハイブリッド車の燃費のメリットは、日本のように信号などで頻繁に停止する道路で効果を発揮すると言われます。

 

ハイブリッド車の場合、発進時に電気モーターの力で前進するように設計されていますが、

これはガソリン車にとって一番燃費的に苦しい走行モードです。

なので、ハイブリッド車ではモーターで発進し、ある程度スピードが出たらエンジンの力を使うという作戦が選ばれます。

ということもあり、日本の街中などの道路状況ではハイブリッド車の方が有利。

加えて、停止前の減速時にモーターによる回生ブレーキでエネルギーの回収ができますしね。

 

以上のように、レクサスユーザーに燃費を気にするような人は少ないかもしれませんが、

運転する町や道路の条件によってはハイブリッドモデルよりも200tの方が実燃費が良くなるケースもありますよ!!

まとめ-新型レクサスRXのハイブリッドと200t

最後に、今回の記事のまとめとして、新型レクサスRXのハイブリッドと200tの比較について述べておくと、

  • カタログ燃費面ではどうしてもハイブリッドの450hの方が一枚上手(←当然!!)
  • ただし、状況や条件によってはダウンサイジングターボの200tの方が有利なことも!!
  • 加えて、購入価格の面では200tの方が格安(一般庶民からすれば高いが・・・)

という具合です。

 

SUVらしさで考えると、ダウンサイジングターボのレクサスRX200tの方がイメージがシックリ来るかもですが、

ゆったりとしたレクサスらしさがあるハイブリッドモデルも凄くヨシ!!

それに、価格が非常に高いですがFスポーツにすれば内装がスポーティーで走りの楽しさもUP。

 

やっぱり、最近のクルマと言えばSUVのタイプが流行だけに、

レクサスRXのカタログを眺めているだけでもワクワクしますよね!!

中型SUVであるレクサスNXも素敵ですし^^