工藤静香にとってSMAP解散が実は誤算だったの?

SMAP解散の原因の1人と言われているが実は違った?

ハワイでジャニーズのドンと蜜月な密会をしていた?

スポンサードリンク

SMAP解散は工藤静香の誤算?

猫

SMAP解散というニュースが毎日のように流れていますが、オリンピックで日本がたくさんメダルを獲得した明るいニュースはどこへやら・・・

まぁ、それくらいSMAP解散という事実は非常に影響力のあるニュースだということ。

SMAP解散なんてどうでもいいと思う人もけっこういらっしゃるとは思いますが、世間的にSMAP解散の影響を強く受けた人は多いはず。

 

そんなSMAP解散の裏の原因かも??と思われているのが工藤静香さん。

SMAPメンバーが元マネージャーのところへ移籍するのを木村拓哉さんが裏切るような形になりましたが、その引き金が工藤静香さんという噂が濃厚と言われています。

ということもあってか、工藤静香さんがSMAP解散の原因と巷では噂されている状態。

 

しかしながら、工藤静香さんにとってSMAP解散まで行ってしまったのは誤算でしょうね。

やはり、SMAP解散となると夫の木村拓哉さんが深く悲しみますし、ジャニーズ事務所との関係も深い工藤静香さんも辛いことでしょう。

飽くまでも工藤静香さんがやりたかったことは、SMAPがジャニーズに残って活動を継続することだったはず。

 

現在のSMAPであれば元マネージャーのI氏の存在がなくても、スキルや人気的には今まで通り活躍していけます。

つまり、元マネージャーだけがポッカリ空いている状態でも良いから、現状のキープを画策していたはず。

でも、香取慎吾さんなどのメンタルが辛い状態でなければですが・・・

 

木村拓哉さんにジャニーズ事務所に残るように嘆願したと思われますが、SMAP解散という大きな問題まで膨れ上がったのは工藤静香さんにとって誤算だったでしょうね。

小生も香取慎吾さんがSMAP解散を希望するほど怒り心頭だったとは思いませんでした。

スポンサードリンク

SMAP解散の原因は工藤静香と言われているが・・・

さて、世間では工藤静香さんがSMAP解散の原因の1人とも言われていますが、一番の原因はジャニーズ事務所そのものでしょうね。

SMAPの元マネージャーI氏をそのまま事務所に残しておけばよいのに、ほとんど追い出すような形に。

ジャニーズ事務所がなければSMAPメンバーも今のような成功は掴めなかったでしょうし、マネージャーI氏も仕事でここまでの実績は残せなかったはず。

※元マネージャーのおかげでSMAPが大成功できたのは言わずもがなですが・・・

 

逆に、ジャニーズ事務所にも同様のことが言えますよね。

アイドル氷河期だったと言われる時代にSMAPと元マネージャーの活躍によって、一気にジャニーズ事務所も復活できたワケですから。

それに、SMAPと元マネージャーがアイドルの新たなジャンル開拓をしていったワケですし、ジャニーズ事務所がドンであるとは言え彼らにも感謝するべき立場ですよね。

 

お互いに助けあって行くべきだったジャニーズ事務所とSMAP&元マネージャー。

 

メリー氏やジュリー氏が元マネージャーと対立したり、確執があったりしたと言われていますが、女性間の仲というのは非常に複雑ですから何とも言えませんよね。

まぁ、ジャニー社長が血縁関係のあるメリー氏とジュリー氏をジャニーズ事務所の重役に据えてしまったのがアウトだった??

やはり、血縁関係のないマネージャーI氏がしゃしゃり出てくるのが気に食わなかったはず。

 

とは言え、工藤静香さんも木村拓哉さんの移籍を止めたことが、SMAP解散の原因の1つになったのが誤算なのは確実。

 

木村拓哉さんに関するおすすめ記事がこちら。

木村拓哉(キムタク)がハワイへ2016年も?工藤静香と家族写真がフラッシュ?

ドンとハワイで蜜月な工藤静香と木村拓哉?

最後に、ハワイへ行っていた工藤静香さんと木村拓哉さんですが、

 

ジャニーズ事務所のドンと蜜月な密会

 

をしていたでしょうね。

SMAP解散はジャニーズ事務所のドンにとっても誤算だったとは思いますが、とりあえずは一番の稼ぎ頭である木村拓哉さんがジャニーズ事務所側に立っているのは嬉しいはず。

ジャニーズ事務所のドンであるメリー氏的には、SMAP解散が無いように木村拓哉さんのソロ活動をバックアップしていきたかったはずですが・・・

 

で、工藤静香さんも交えてハワイでは木村拓哉さんの今後について綿密な打ち合わせという感じでしょう。

そんな状況の中で、寝耳に水的な感じでSMAP解散が決定という事態に・・・

まぁ、密会や蜜月だとこういった誤算な結果が出てくるのはいつの時代も変わらずでしょうね。